当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

学会速報

NEWS

第46回癌治療学会総会報告

2008.11.05

第46回癌治療学会総会報告

10月30日から3日間にわたり、名古屋で第46回癌治療学会総会が開催されました。
消化器領域に関しては、大腸癌に対する分子標的薬(Bevacizumab,Cetuximab)を用いた治療についてのトピックが中心でありました。胃癌、食道癌については、SPIRITS、JCOG9912の内容に上乗せされるようなトピックはなく、現在進行中の臨床試験の結果が待たれるところです。
HGCSGとしては、
<口演>
・HGCSG0501-手術不能/術後再発大腸癌に対するmFOLFOX6療法のFeasibility Study:最終解析結果
市立札幌病院消化器科中村路夫先生

・HGCSG0302-手術不能または術後再発大腸癌に対するCPT-11+S-1併用療法(IRIS療法)の第Ⅱ相臨床試験
北海道大学第三内科結城敏志先生

・進行・再発大腸癌に対するIrinotecan+TS-1+Bevacizumab(IRIS/Bev)併用臨床第Ⅱ相試験
北海道大学第三内科小松嘉人先生

・大腸・肛門の分子標的治療
北海道大学第三内科結城敏志先生(座長)

<シンポジウム(分子標的治療の最前線)>
・グリベック耐性のGIST患者を対象としたグリベック増量による有用性検討試験
北海道大学第三内科小松嘉人先生

<ポスターセッション>
・高アンモニア血症を伴う5-FU脳症
北楡会札幌北楡病院消化器科工藤峰生先生

・mFOLFOX6療法施工中に間質性肺炎を発症しステロイド治療で改善後、FOLFIRI療法、CPT-11単剤療法で再燃を繰り返した大腸癌の一例
北見赤十字病院上林実先生

・CPT-11+S-1併用療法(IRIS)にて組織学的CRが得られた左鎖骨上窩及び縦隔、腹部大動脈周囲リンパ節転移陽性進行胃癌の一例
北見赤十字病院上林実先生

・小腸癌転移病変にIRISが奏功した1例
市立函館病院消化器病センター消化器科畑中一映先生

と、これまでの臨床試験の最終・中間報告を含め、多くの発表が行われました。
大腸癌の治療のセッションにおいてはHGCSG関連施設の医師から多くのコメントがあり、活発な討論が行われました。特に、現在進行中の進行・再発大腸癌に対するIrinotecan+TS-1+Bevacizumab(IRIS/Bev)併用臨床第Ⅱ相試験についての発表は、参加者から高い注目を集めておりました。
各会場とも、会場内に入りきらないほどの聴衆であふれ、癌治療に対する関心の高まりが感じられました。

CONTACT

お問い合わせ